暮らしに優しいエコ除湿

暮らしに優しいエコ除湿

湿気は家にとっても、人にとっても煩わしいものです。
除湿機で除湿する方法が一番効率よく効果的ですが、エコロジー生活者に向けた省エネ、節電をしながら除湿できるという手段もあるのです。
除湿の第一歩としては、一定時間ごとに換気をすることです。
窓を開放したり、扇風機を駆使するのも湿気を除去するのに役立ちます。
除湿機などを使わない除湿では、押入れに新聞紙を入れることで除湿効果を得る方法はよく知られています。
新聞紙と同様に、洗濯用洗剤でも押入れの除湿が可能です。
やり方は簡単で、洗濯用洗剤に付いているふたの端を若干切って押入れの中や洋服ダンスなどに置くだけでいいのです。
湿気を吸収することで洗濯用洗剤は固形化してしまいますが、洗濯には支障はなくいつも通り洗濯に用いることができます。
洗濯洗剤を除湿剤代わりに押入やクローゼットに入れると、除湿効果だけでなく芳香もありますので一挙両得と言えるでしょう。
その他、除湿効果のあるものとして炭がポピュラーです。
備長炭や竹炭は部屋の炭に飾っておくだけで、嫌な湿気を取り除くことができます。
炭をかごに入れるなどインテリア風に演出して置くと、違和感を与えることはないでしょう。
それと、掃除の際にも活躍する重曹にも除湿、消臭作用があります。
入れ物に重曹を入れ、重層がこぼれ落ちないように上から不織布で覆って、除湿をしたいところにセットするだけです。
重曹の除湿効果は3ヶ月から半年くらいなので目安の期間が経過したら取り替えて、掃除などに活用すると無駄にならないでしょう。
除湿機に固執しなくとも、少し考えるとエコロジーに快い生活をすることが実現します。