意外なもの!?それは新聞紙?

意外なもの!?それは新聞紙?

邪魔な湿気を解消するために、除湿機を使っている人もいます。
しかし、使いたい時期も限定的だし、買うのに二の足を踏んでいる人のために手間がかからない除湿方法もあります。
読み終わると必要がなくなって隅っこに重ねておく新聞紙ですが、じつは新聞紙には不快なジメジメを退治する除湿力があります。
新聞紙を手でクシャクシャに丸めて押し入れの隅に突っ込むだけで、押し入れが除湿できます。
湿気を吸い込んで、新聞紙がしんなりとした状態になったら取替えのタイミングです。
積み上げられた布団と布団の間におよそ1日分の新聞紙を挟み込む方法も、押入れの除湿には効果的です。
ほかにも、脱衣所を除湿したいときも新聞紙は非常に効果的です。
お風呂のバスマットは湿気が蓄積されやすく、知らないうちにカビの温床になっていることも少なくありません。
バスマットの湿気やカビに対しては、バスマットと床との間に新聞紙をおよそ5枚重ねておきましょう。
バスマットの下に新聞紙を入れるだけで、余分な水分を取り除き湿気を吸収してくれます。
とはいえ、湿気を取り込んだ新聞紙を放置しておいては除湿されず、濡れた新聞紙がカビの温床になってしまうので、3日に一度は新聞紙を取り替えましょう。
押入れと同じパターンで新聞紙を除湿剤として靴箱にも応用可能です。
雨などで濡れた革靴にはほどよく丸めた新聞紙を入れて、2時間を基準に取り替えると2倍速で履き物を乾かすことができます。
こういった点でも、新聞紙には水分を吸い取るパワーが大きいということが判明します。