梅雨に大活躍の除湿機

梅雨に大活躍の除湿機

梅雨の期間は、湿度が高く部屋の中がジメジメして居心地は悪くなります。
また、洗濯物を外に干せなくなり部屋干しを余儀なくされ、より一層不快指数が上昇することになります。
そんな、梅雨時のジメジメ感を取り除いてくれるのが除湿器です。
除湿機を運転させることで部屋の湿気を解消し、部屋で干した洗濯物に関してもカラリと乾かしてくれます。
湿気の多い梅雨の期間を鬱陶しさを感じず乗り切るために利用したい除湿機ですが、電気代が気になります。
部屋で洗濯物を乾かすときに浴室乾燥を使用することもありますが、案外電気代が発生してしまいます。
梅雨の間中、浴室乾燥に頼っていると電気代が何万円もかかってしまうこともあるのです。
こうした状況下では、電気代をカットできる除湿機が便利です。
コンプレッサー式であるコロナCD−P6311が最も電気代が抑えられ、1時間につき4円が目安となっています。
他にも、東芝のRAD-N63、63DFXが電気代4.7円(1時間当たり)となっています。
デシカント式の除湿機の電気代はコンプレッサー式の製品より若干高くなってしまうものの、エアコンの除湿機能を使用するよりは良かったりします。
パナソニックF-YHGX120は、46,000円と高価ですが、1時間あたり6.4円の電気代で済みます。
同じ特徴を持つデシカント式の除湿機でシャープのCV-A100という製品は、1日10リットルの除湿を実現するだけでなく、電気代は5.3円(1時間当たり)と割安です。
電気代の削減をしつつ気持ちの悪い梅雨シーズンを心地良く乗り切ることを目的として、除湿機の機能を十分に利用しましょう。